建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築家に学ぶ、良いデザインとは

車好きの人のためにつくられた、ビルドインガレージのある家

今回は、車好きの人が心行くまで趣味を堪能できるように建てられた家をご紹介します。
住む人の思いや要望を最大限に引き出し叶えたいと考える辻岡さんの、車を主役とした住宅デザインを見ていきましょう。

「車好きの人のためにつくられた、ビルドインガレージのある家 画像1
建築家 辻岡直樹

建築家 辻岡直樹
辻岡直樹建築設計事務所

1972年和歌山県生まれ。1995年大阪工業大学卒業後に株式会社岡本設計設計部に入社。2007年naoak建築事務所開設し、2011年に辻岡直樹建築設計事務所株式会社に改組。
辻岡さんの目指す住宅は「家族と共に長い年月を重ねていけるような家」。
人と同じく、年を重ねるごとに深みが増し、味が出てくるような家づくりを心掛けています。
長きにわたり人生を共にする家だからこそ、家族に寄り添うような住宅デザインとなるように、住まい手の望みや思いをできる限りくみ取ることを大切にしています。

車好きの人のためにつくられた、ビルドインガレージのある家 画像2

リビングとガレージは大開口で連続し、愛車を眺めながら同じ空間でゆっくりとくつろげるようになっています。

愛車と共に過ごせる、リビングとつながったガレージ

ビルドインガレージのあるこの家は、車好きのお施主様のために建てられました。
白いシンプルな外観ですが、カーコレクションのためのガレージ部分を木目調にすることでアクセントをつけ、表情を与えました。
また、今回お施主様から求められたのは、住宅というよりは愛車を置くためのガレージと車好きの仲間たちを呼べるようなゲストハウスとしての機能でした。
そのため、ビルドインガレージの外には仲間たちが車を停めるための広い駐車スペースを設けました。
玄関から連続している土間通路を介しリビングとガレージは連続した空間となっており、常に愛車を身近に感じながら過ごせるように工夫されています。
窓を開ければ居住スペースから直接ガレージに出入りできるため、天候を気にせず車の乗り降りができ、荷物の出し入れも楽になります。
他にもメリットとしてビルドインガレージは、壁ですっぽりと車を覆うことができるため、雨風や直射日光から大事な車を守ってくれます。
趣味を楽しむためだけでなく、機能性と利便性も兼ね備えたデザインとなっています。
車好きの人のためにつくられた、ビルドインガレージのある家 画像3

リビングが一望できるキッチン。
車好きの友人たちを招いてホームパーティを開ける広々した空間です。

車を眺めながらホームパーティーができる空間

車好きの仲間を集めて素敵な時間が過ごせるように、
辻岡さんはホームパーティーを開けるような広々としたリビングを用意しました。
リビングとガレージは大きな窓で仕切られているため、愛車を眺めながらくつろいだり、食事を楽しむことができます。
キッチンからもリビングとガレージを一望できるように、対面式のものを採用しました。
仲間と趣味の話で盛り上がりながら料理を作ったり片づけをしたり、ホームパーティーにぴったりのキッチンです。
リビングの椅子は沢山の来客でも対応できるように片側をベンチタイプのものにしました。背もたれがないので視線を遮らず、すっきりとコンパクトでよりリビングが広く見えます。
窓を開ければリビングとガレージはひとつの空間となります。
いつも車と近い距離で、車と共に生活できる、車好きの人には夢のような空間になることでしょう。
車好きの人のためにつくられた、ビルドインガレージのある家 画像4

バーベキューのできる広いバルコニー。
外壁の配置は、周囲の視線を気にせず過ごせるよう工夫されています。

バーベキューができる広いバルコニー

ゲストハウスとして使いたいというお施主様のご要望のために、辻岡さんは2階にゲストルームと大きめの浴室を設けました。ゲストルームはあえてシンプルな作りとし、宿泊する友人たちにリラックスしてもらえるようにと考えました。
また、2階にはペットの犬が安全に屋外で遊べるようにバルコニーをつくりました。
この広いバルコニーでは、友人たちと一緒にバーベキューパーティーを楽しむこともできます。
手すり壁を高めにし外壁の配置を工夫することで、隣地からの視線を気にすることなく食事ができるようにと配慮されています。
ここでバーベキューをしながら駐車スペースに停めた友人たちのスーパーカーを見下ろすこともできるというプランとなっています。
仲間たちと一緒に車との生活が満喫できるよう、辻岡さんのアイデアがつまった素敵な住宅ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。車を中心とした、車好きの人のためのお家のご紹介でした。
趣味を思い切り楽しむための創意工夫がいっぱいですね。
皆様の家づくりの参考になれば幸いです。

過去の記事をもっと読む