R+houseについて

“デザイン性”と“機能性”を高水準で両立する理想の住宅。
そんないつか住んでみたいと思うような住宅を、
手の届く価格で提供するのがR+houseです。

R+houseが選ばれる3つの魅力

R+houseでは単に流行のデザインや設備を取り入れるのではなく、飽きのこない普遍的なデザインで、快適性・省エネ性・耐久性を追求し、コストの無駄を省き、身近に、手軽に感じられる価格で「建築家住宅」を提供しています。

①高気密・高断熱

R+houseの住宅は「高気密・高断熱・高耐震」にとことんこだわっています。
“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を叶えるためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えないことが大切なポイント。
そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、一般的に高気密とされる気密性能値を大きく上回る家づくりを実現させています。
また、「耐震性」については2つのポイントで、地震に強い家を実現しています。

高断熱の指標となる「Q値」と「UA値」

住宅の断熱性は「Q値」または「UA値」という指標で表されます。この数字が小さいほど熱が逃げにくい“高断熱な家”になります。R+houseは、Q値・UA値ともに日本の断熱化基準である「省エネ基準」(4〜6地域=東北の一部〜九州の一部での等級4)を大きく上回っています。されます。この数字が小さいほど熱が逃げにくい“高断熱な家”になります。R+houseは、Q値・UA値ともに日本の断熱化基準である「省エネ基準」を大きく上回っています。

高断熱の指標となる「Q値」と「UA値」

高気密の指標となる「C値」

住宅の気密性は「C値」という実際に測る指標で表されます。C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、数字がゼロに近いほど隙間の少ない“高気密な家”になります。これまでの日本の目標は5.0(㎠/㎡)。それに対してR+houseの標準は、1.0(㎠/㎡)以下です。

高気密の指標となる「C値」

②耐震性

建築士の厳密なチェック

R+houseのすべての住宅は、構造専門の建築士が、その耐震性をさまざまな角度から厳密にチェックしています。

  • CHECK 1 建物への荷重
    CHECK 1建物への荷重

    建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など長期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。

  • CHECK 2 風圧力
    CHECK 2風圧力

    台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しない事を確認します。耐風強度2の確保も可能です。

  • CHECK 3 地震力
    CHECK 3地震力

    地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しない事を確認します。R+houseでは耐震等級2を標準とし、耐震強度3の確保も可能です。

  • CHECK 4 接合部の確認
    CHECK 4接合部の確認

    外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。

  • CHECK 5 基礎の設計
    CHECK 5基礎の設計

    建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。

  • CHECK 6 偏心率
    CHECK 6偏心率

    建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレが大きくないことを確認します。

“面”全体で力を支えるパネル工法

R+houseは、オリジナルのR+パネルで“面”全体を支える「パネル工法」を用いています。
面全体で力を支えるので力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。

“面”全体で力を支えるパネル工法 R+パネルの場合
“面”全体で力を支えるパネル工法 地震力

③コストパフォーマンス

R+houseでは高性能住宅を手の届く価格で提供するために独自のルールを設けています。その範囲内で建築家が設計することで、高品質でありながらも手の届く価格を実現しています。
例えば、部材においてはメーカー直接発注により仕入れ価格を大幅に削減。長く使用できる材料を採用することで、メンテナンスコストの削減にも取り組んでいます。無駄なコストを極限まで省く様々な工夫を施しています。

2つのシステムでコストダウンに成功2つのシステムでコストダウンに成功
R+houseの価格の考え方R+houseの価格の考え方
後悔しないための「賢い家づくり勉強会」 参加費無料。一万組以上が参加。勉強会への参加はこちらのリンクをクリック。

建築実例

R+houseのさまざまな建築実例をケース別にご紹介します。

R+houseの建築家

お客様の理想をカタチにする、R+houseの建築家のアイデア実例の一部をご紹介します。

誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプトです。

そのような“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在。R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。R+houseの建築家のアイデアを詳しくご紹介します。

理想の住宅を実現する、R+houseの建築家たち 理想の住宅を実現する、R+houseの建築家たち 理想の住宅を実現する、R+houseの建築家たち 理想の住宅を実現する、R+houseの建築家たち
理想の住宅を
実現する、
R+houseの
建築家たち
理想の住宅を実現する、R+houseの建築家たち 理想の住宅を実現する、R+houseの建築家たち 理想の住宅を実現する、R+houseの建築家たち 理想の住宅を実現する、R+houseの建築家たち

建築家のアイデアを詳しく見る

家づくりの流れ

R+houseで家を建てるときの全体の流れをご説明します。

  • STEP1

    家づくりの基本的な知識を身につける

    地域のR+house 店舗が主催する『賢い家づくり勉強会』に参加します。
    資金計画を相談します。
    家を建てる土地探しを行います。(R+house 店舗で、いっしょに土地探しを行うことも可能です)

    STEP 1 家づくりの基本的な知識を身につける
  • STEP2

    R+house の『完成見学会』で
    施工事例を見る

    R+house の施工事例を『完成見学会』に参加して、実際に体感します。
    建主の方に、生の感想や評価などを伺います。
    地域のR+house 店舗で開催している個別のセミナーや勉強会に参加します。

    STEP 2 R+house の『完成見学会』で施工事例を見る
  • STEP3

    土地を入手し、敷地調査を行う

    地域のR+house 店舗に、家のプラン作成の申し込みをします。
    土地の広さ・形状・地盤・建築条件・水道ガスの有無などを調査します。
    建築家に伝えるための住宅要望書を、家族で話し合って作成します。

    STEP 3 土地を入手し、敷地調査を行う
  • STEP4

    建築家との打ち合わせをし、
    プランを決定する

    建築家との打ち合わせは、原則3回。
    建築家との初回打ち合わせであなたのこだわり・要望や大切にしているライフスタイルを伝えます。
    初回打ち合わせの2週間後、建築家がプラン提示をします。
    修正を反映したプランを建築家・工務店・建主の三者で最終確認し、工事の準備を進めます。

    STEP 4 建築家との打ち合わせをし、プランを決定する
  • STEP5

    設計申し込みをし、最終契約を結ぶ

    図面が完成したら、所定の検査機関に建築確認申請を提出します。
    長期優良住宅申請をした場合は許可を待ちます。
    申請が下りれば、設計・施工請負契約を取り交わし、着工に進みます。

    STEP 5 設計申し込みをし、最終契約を結ぶ
  • STEP6

    着工~完成。いよいよ、引っ越しへ

    • 地鎮祭
      地鎮祭
    • 地盤基礎工事
      地盤基礎工事
    • 棟上げ 外部工事
      棟上げ
      外部工事
    • 内部工事 設備工事
      内部工事
      設備工事
    • 外構工事
      外構工事
    • 完成・引っ越し
      完成・引っ越し
後悔しないための「賢い家づくり勉強会」 参加費無料。一万組以上が参加。勉強会への参加はこちらのリンクをクリック。

完成保証サービス

建築中のお施主様に安心しておうちづくりを進めていただけるように、「完成保証サービス」をご用意しております。

R+house 完成保証サービス

この完成保証サービスは、R+house を建設中に工事請負契約を締結した加盟店が倒産等により工事を継続することが不可能となった場合、近隣の加盟店が協力して工事を引継ぎ、R+house の完成を支援するサービスです。
※事前に支払い済みの金額から工事の出来高を差し引いた前払金や工事を引き継ぐ際に生じる増嵩工事の費用について、本完成保証サービスでサポートします。

[R+house 完成保証サービスの概要]

  • 本サービスを利用できるのは、一般財団法人高性能住宅総合保証の審査を経て「R+house 完成保証」の登録が承認された加盟店に限られます。
  • 完成保証書は、物件申込書を受理後、所定の審査を行い、R+house 加盟店(保証委託者)経由で工事発注者に送付いたします。
  • 保証対象物件は、新築のR+house に限られます。

R+houseのアフターサポートを見る

賢い家づくりのために

R+houseでは定期的に「後悔しないための賢い家づくり勉強会」を実施しています。
お家づくりのプロが知っておくべき知識を分かりやすくお伝えします。

例えば、こんなことをお話しいたします

  • ・ハウスメーカーの住宅はなぜ高い?
  • ・家づくりの部材をインターネットで注文すると、どれくらい安くなる?
  • ・建築家によるデザイナーズ住宅を安く建てるための方法
  • ・使い勝手の悪いずさんな“素人プラン”の見分け方
  • ・家の性能は下げず、価格だけを下げる方法
  • ・今より3割引で住宅を取得する方法
  • ・お得な土地の見つけ方とは?
  • ・あなたに最適なマイホーム購入の時期とは?

13,000組のお客様にご参加いただきました!

2019年度(2019年4月~2020年3月)は全国延べ約3,000か所で開催、
13,000組以上の方々に家づくりの基礎知識を学んでいただきました。

(2020年4月 弊社調べ)

参加した方の感想

仮契約を取り消しました!
(20代ご夫婦)

建売住宅を購入しようと思い、仮契約中に勉強会に参加しました。“住宅は性能が大事”というお話を勉強会で聞いて、住宅会社にデータを問い合わせると「そんな数値は関係ない、うちでは測っていないけど心配ない」と言われ…一気に信用できなくなりました。自分たちが長く暮らす家なので、真剣に考えてくれる住宅会社を選び直そうと思います。本契約前に参加して本当に良かったです!

目からウロコでした…
(30代女性)

”住宅の資産価値”というものを考えたことがありませんでした。間取りや設備といった分かりやすい部分に目が行きがちですが、性能についてきちんと説明してくれる会社がいいですね。また「無料の敷地調査やプラン提案をやっています」と言われたことがありますが、そのような無料サービスは、契約者の建築費用に含まれているからなのだと分かりました。

ZEHのとりくみについて

R+houseでは、2025年にZEH普及率50%以上を目標にしています。

R+houseでは、2025年にZEH普及率50%以上を目標にしています。 2020年度普及率実績は、ZEH2.5%、Nearly ZEH0.5%、合計3%となっています。 BELS普及率実績は、0.7%となっています。

ZEHロードマップ(普及率の目標値)
後悔しないための「賢い家づくり勉強会」 参加費無料。一万組以上が参加。勉強会への参加はこちらのリンクをクリック。