建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築家に学ぶ、良いデザインとは

吹抜けでつながる省エネで快適な家

今回紹介するのは自然の力を有効活用する「パッシブデザイン」を取り入れた家です。
家族が快適に過ごすことができるための中田さんのこだわりとアイデアがつまった家づくりを見ていきます。

吹抜けでつながる省エネで快適な家 画像1
建築家 中田啓予

建築家 中田啓予
ナカタヒロヨスタジオ

1978年富山県生まれ。2001年日本大学生産工学部建築工学科居住デザインコース卒業。2001年小林盛設計事務所入社。
その後2005年にナカタヒロヨスタジオを設立し、2012年にナカタヒロヨスタジオ長野アトリエを開設。
住宅づくりとは、住む人の立場に立って、心地よい暮らしをするための「うつわ」を作ることであるとお考えの中田さん。どれか一つに偏らず、構造・機能・計画・デザインすべてをバランスよく考えることを大切にしています。
そして自由な発想を持ち、暮らしを楽しくするためのアイデアを忘れない楽しい家づくりをモットーとしています。

吹抜けでつながる省エネで快適な家 画像2

1階のLDKと2階ホールが吹き抜けによってつながり一体的に使用できます。
2階は勉強をしたり、お昼寝をしたり様々な用途で使えるようになっています。

歴史ある家が建つ街並みの中にある家

この家の周辺は伝統的な屋根形状のひとつである「入母屋造」を用いた農家住宅が建ち、各々の敷地にぐるりとブロック塀が囲んでいます。両側にブロック塀が建っている細い路地の先にぽかっと開けた場所があり、そこが今回の建築場所でした。
親世帯の住む母屋の隣に子世帯の家を建てるという計画でしたので、昔ながらの家が建ち並ぶ中でアイストップとなり、親やご近所の方々からも若い世代を暖かく見守ってもらえるような建物にしたいと中田さんは考えました。
四角い箱型で黒い外壁のこの家は、全体的にシンプルながらも外部ブラインドと木板パネルが特徴的なデザインです。
モダンな雰囲気の外観が伝統的な街並みの中でちょっとしたアクセントになっていますが、黒と木目の落ち着いた色合いにすることにより周辺の建物とも調和するよう工夫されています。
吹抜けでつながる省エネで快適な家 画像3

仕切りを最小限にすることにより窓からの光が部屋全体に行き渡ります。
天井に高低差を作り、ワンルームのような一体的空間をエリア分けしています。

全ての空間がつながる開放的な間取り

玄関を入るとリビングとダイニングが広がります。間仕切りを必要最低限に減らし、ワンルームのような空間となっています。仕切りを減らすことで広々とした印象になり、また天井に高低差を作ることで一つの空間を上手くエリア分けしています。
大きな吹き抜けで上下階も一体的に使うことによって、家族の気配を感じつつもそれぞれの時間を邪魔しないような、心地いい距離感が生まれるようにと考えられています。中田さんが大事にしている「心地よい空間作り」へのこだわりが伺えますね。
2階は勉強をしたり昼寝をしたり、ゲストが泊まったりなど様々な用途に使えます。寝室の吹き抜けに面した場所に室内窓を設けることにより、それを開けば吹き抜けを介して縦横すべての室がつながります。階を越えて緩やかに全体がつながったオープンな間取りとなっています。
吹抜けでつながる省エネで快適な家 画像4

寝室の室内窓から吹き抜け越しにみた外の風景。この窓を開ければ1階までつながる空間となり、家族ともコミュニケーションが取れます。

自然のエネルギーで快適に

中田さんはこの家づくりにおいて、パッシブデザインにも配慮しました。パッシブデザインとは、エアコンなどの機械に頼らず太陽の光や熱・風などの自然エネルギーを最大限活用し省エネで快適に暮らすことを目指す設計方法のことです。
日射取得率を高めるために南東の1/4の部分を吹き抜けとし、大きく開口部を設けました。こうすることで、冬場でも日射しがたっぷり差し込みぽかぽかと温かく、家全体が明るくなります。夏場の強い日射しの対策として軒の出と袖壁を設け、外部ブラインドを設置しています。外部ブラインドは周囲の視線を遮りプライバシーを確保するのと同時に、風を取り込んで日射を調節してくれます。
2階にも沢山の窓を作ることにより、吹き抜けを通して1階まで有効的に光を取り込むことが可能に。仕切りがほとんどないので、部屋全体に光が行き渡ります。
寝室の室内窓を開ければ吹き抜け越しに外を見ることができ、視界の変化も楽しめるよう工夫されています。
自然のエネルギーを最大限に活用し、外部空間を取り込んで開放感のある居心地のいい家となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
自然の力をうまく利用することで、省エネで快適な暮らしが実現しました。開放的な空間で室内でも自然の恵みと四季の変化を楽しむことができそうですね。
皆様の家づくりの参考になれば幸いです。

過去の記事をもっと読む