建築用語集

不動産屋

不動産屋は、不動産の売買や賃貸の手続きをしています。個々の望む物件を探すことができるように、条件などを聞きつつ探します。普段から魅力的な物件を数多く取り扱いながら、さらにいい物件を紹介できるように、管理する物件を増やすこともあります。店頭での接客だけでなく、物件の内覧もできるように案内することもあります。実際に見ることで魅力あふれる物件に出会えるということもあるので、間取りや収納などの情報を確認しながら見学できるようにしています。実際に入居するまでに、重要事項を確認しながら手続きをしていきますが、入居後のトラブルについても事前に想定されることは話をし、相談に乗ってくれる不動産屋も多いです。
不動産屋として働く人の多くは宅地建物取引主任者の資格を取得しています。そのほかにもインテリアコーディネーター
なども取得している場合も多く、住宅内外の様々な知識を持ち合わせているため、相談すると専門的な回答を得られます。また、不動産屋は、宅建業免許を取得した人がいれば営業できます。社会の情勢なども見つつ、適正な価格で取引が行われるようになっているのが通常のパターンです。中には、地域密着型で、所在地周辺の詳細な情報を知っている不動産屋も存在します。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。