建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

住宅ローン

多くの人々にとって、マイホームの購入は一生に一度の大きな買い物であると言っても過言ではありません。一軒家やマンション、新築や中古などの不動産を購入する場合には、ある程度のまとまった費用が必要になります。経済的にゆとりがあって一括現金で購入できる人はまれであり、住宅ローンを利用してマイホームを手に入れる人がほとんどです。不動産購入時に大きな助けとなるこの住宅ローンとはどのようなものなのでしょうか。
住宅ローンとは、土地や建物などの取得、新築や改築などの目的に限定して、土地と家屋を担保として資金を借りる事ができるローンのことを指します。お金を借りるために当然金利は発生しますが、取得する土地や家屋が担保となる為に金利が通常のカードローンやフリーローンなどよりも安くなり、返済期間の多くは最長35年までと長くなっていることも特徴として挙げられます。
住宅ローンには自治体などの融資による公的住宅ローンと銀行や保険会社、ノンバンクの融資による民間住宅ローンがあります。民間の住宅ローンの取り扱い会社は、普通銀行や信託銀行、信用金庫やJAバンクなどの預金取り扱い金融機関が主流ですが、近年はノンバンク系のローン会社などが取り扱うケースも増えており、民間ローンも多様化が進んでいます。金利に関しても固定金利や変動金利などに分かれるため、長期的な返済計画を考えて、自分に適した住宅ローンを組むことが大切になります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。