建築用語集

住宅ローン相談

新築住宅を購入する際には、金融機関で住宅ローンを組むのが一般的です。住宅ローンを組める金融機関は、銀行をはじめ信用金庫やJAなどの系統系金融機関など数多くあります。各金融機関ともに、適用される金利、返済期間、繰り上げ返済の条件などさまざまなパターンの住宅ローンを提供しています。このため複数の金融機関に住宅ローン相談に行き、各金融機関の条件を比較することが重要です。各金融機関ごとに住宅ローンの商品性は異なるものの、住宅ローン相談に行く際には、用意できる頭金の額、購入する物件の詳細(金額、物件の所在地等)、住宅ローンを借りる方の年収・職業、は、必ず聞かれる事項なので、事前に調べておくと円滑に相談を行うことができます。また、各金融機関ともに、頭金の額、購入する物件の価値、年収・職業などの審査基準を設けており、審査基準を満たせない場合には、住宅ローンを組めない可能性があります。このような場合に備えても、複数の金融機関に相談に行き、各金融機関の窓口を把握しておくことは意味のあることです。現在では、多くの金融機関で住宅ローンの獲得に向けて、土・日曜などの休日にも住宅ローン相談会を実施していることから、インターネット等で相談会を実施している日程を調べ、仕事を休まずに住宅ローン相談にいくことができます。また、住宅会社や不動産会社が住宅ローン相談を行っていることもあります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。