建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

鴨居

鴨居とは、宅の開口部の上側にある横架材のことです。通常は障子・ふすま・引き戸などをはめこむ溝を2本彫ってあります。片引き戸で溝が1本しかない場合は「一筋鴨居」、溝の入らない場合は「無目(むめ)鴨居」といいます。他に、厚みがあって上部の荷重をささえる構造材を兼ねた「指(差し)鴨居」、欄間に用いるために通常よりも薄くした「薄鴨居(うすがもい)」、開口部のない壁面に本来の鴨居と同じ高さに設ける化粧材の「付け鴨居」などの種類があります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。