建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

軽量鉄骨

軽量鉄骨とは、厚さ1.6mmから4.5mm程度の薄い鋼板を成形した鉄骨のことです。常温(再結晶温度以下)でロールでのばした「冷間圧延鋼材」の一種です。形は、溝形、リップ溝形、Z形、山形などがあります。小規模な倉庫、工場、住宅などの鉄骨造の建築物に使われています。軽量鉄骨を使った建築物を「軽量鉄骨造」または「軽量鋼構造」「薄板鋼構造」などといいます。鉄骨系プレハブ住宅は軽量鉄骨造が多いです。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。