建築用語集

在来工法

在来工法とは、柱・梁・筋交い(柱と柱の間に斜めに入れる材)など、木の「軸」を組み立てて建物を支える日本の伝統的な工法のことです。間取りに融通がきき、大きな開口部をつくれるのが特徴です。元来は木材にミゾを刻んでかみ合わせる職人技的な工法ですが、最近は、あらかじめ工場で材木をカットしたり、材の接合部に金物を用いるなど、合理化や耐久性強化が進んでいます。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。