建築用語集

準防火地域

準防火地域とは、火災が発生した場合でも延焼速度を遅くし、市街地の防火に役立てることを目的として指定される地域のことです。4階建て以上の建物はすべて耐火建築物としなければいけません。3階建て以下の場合は規模によって準耐火建築とすることもできます。準防火地域内に延べ床面積500平方メートル以下の木造3階建て住宅を建てるときは、外壁や軒裏を防火構造とするなど、主要構造部・開口部に関する一定の基準を満たさなくてはなりません。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。