建築用語集

ラーメン構造

ラーメン構造とは、建物の構造躯体(骨組)の種類のひとつで、柱と梁の接点が変形しにくい「剛」接合になっている構造(山形の接点もある)のことです。剛接骨組構造、剛接架構とも訳されます。ラーメン(rahmen)はドイツ語で「額縁」という意味です。耐力壁や筋交いを入れなくても、地震などの横揺れに耐えられる構造なので、壁のない自由な空間を作ることができます。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。