建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

塩化物量

塩化物量とは、コンクリート中に含まれる塩化物の量のことです。この量が多いと、コンクリート中の鉄筋が錆び、コンクリートひび割れの原因となります。生コンクリートの塩化物含有量は0.3kg/m3以下と規定されています。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。