建築家と建てる家を、身近に、手軽に

賢い家づくり勉強会 講師のブログ

住宅の品質指標を確認しましょう(神奈川県 2018.12.2)

こんにちは。講師の粟津です。
本日は横浜市都筑区にて「賢い家づくり勉強会」講師を務めてきました。

住宅の品質指標を確認しましょう 画像1

主催のR+house加盟店・バウハウスデザイン様は地域に密着して高性能でデザイン性の高い住宅を供給しています。

同社では気密性能の大切さについてハガキの大きさで示して解説しています。

 

勉強会でも気密性能の大切さを伝えています。

気密性能はC値(隙間相当面積)という基準で測ることが出来ます。

このC値を1棟1棟建築途中に実測しているかどうかで、その住宅会社の住まいづくりへの姿勢が見てとれます。

住宅の品質指標を確認しましょう 画像2

「大手だから」といって安全ではありません。

住宅会社のなかには実験棟でのC値測定結果を示すだけで全棟測定は行っていない会社もあります。

住宅を製造業的な観点から考えると「気密性能」は製品である住宅の目に見える品質指標です。

大量製造品なら何十個、何百個ごとに一つ抜き出して品質検査を実施したりしますが、住宅は一つ一つが買う人の一生を掛ける人生で一番高い買い物です。

1棟1棟その性能(=気密性能)を実測し記録しお客様に提示するのは製造者(=住宅会社)の責任です。

法的には気密測定は実施しなくて良いとなっているからこそ、その住宅会社が本当に住まいを建てる人の為に家造りをしているか、しっかりと確認してもらいたいポイントです。

住宅の品質指標を確認しましょう 画像3

勉強会では他にも住宅会社を評価するポイントをお伝えしています。

ここから先は是非勉強会にてご確認ください。

 

これからも勉強会に参加された方に住まいを建てた後で後悔しないよう、精一杯有意義な情報を提供してまいります。

講師:粟津

この地域のイベント記事をもっと読む