~【建築家住宅R+house】マガジン

”豊かな暮らし”のヒントになる情報やアールメイト向けキャンペーン等を発信してまいります。ぜひご期待ください!

建築家の提案が光る
『ワークスペース特集』~書斎編~

アイデアあふれる「書斎」が設けられた物件をご紹介!

2020年07月10日更新

建築家柳卓R+houseのワークスペース特集

実際に建てられているR+houseについて、「ワークスペース」にフォーカスを当ててご紹介していきます!


まるで秘密基地?寝室の奥に作られた書斎

一見押し入れの扉と思われる寝室の引き戸を開けると、そこには落ち着いたご主人の書斎が!
ご自宅で集中して書類を読み込むことが出来る場所が欲しい、というご要望から計画が進みました。

建築家 稲沢先生
私は「書斎部屋」のご要望をいただいた際、1つの「部屋」としてご提案することが多いのですが、
今回のお施主様の場合は土地の形が細長く、特徴のある土地でしたので、スペースの確保が難しかったんです。
なので、限りあるスペースをうまく利用してワークスペースを作ろう、と考えた結果、秘密基地のような書斎が出来上がりました。

仕切られた空間ながらも、視線が通る書斎

玄関横に設けられたご主人の書斎。リビングとの間にガラスの扉が設けられています。
空間は仕切られ、程よいこもり感を演出しつつも、視線が通る空間に仕上がりました。

建築家 西井先生
元々はもう少し奥まったところに書斎を設けるプランを提案していたのですが、
リビングに面して書斎は設置してほしい、とご希望をいただいたので、今回のような形をご提案しました。
このご希望から、家族の空間を大事にされる方なのでは、と思いましたので、
「家族がそれぞれの場所で過ごしていても、皆がメインで過ごすリビングに一緒にいれるような、どこにいても家族団らんに参加できるような空間を」
という思いをもって設計しました。

家族の気配をいつでも感じられる書斎

LDKに居る家族と会話が出来る、ロフトに設けられた書斎です。
家族と同じ空間に居ながらも、目線が変わることで程よい距離感が生まれています。

建築家 赤松先生
LD空間とワークスペースはちょうど目線の高さがズレるので、
良い具合に「家族の気配は感じるけど集中できる」という高さ関係です。
ワークスペースから目線を下げれば、また、キッチンから目線を上げれば、会話もしやすい位置関係だと思います。
また、そのロフト下を利用して、キッチンの横に収納スペースも設けました。

こちらの特集は、今後も随時更新していきますので、どうぞお楽しみに!
また、ワークスペース実例をはじめとしたR+houseの物件をInstagramでもご紹介しております!
この機会にぜひフォローしてみてください♪

⇒R+houseオフィシャルInstagramをチェックする

⇒R+house建築家のアイデアをもっとみる

次回の更新もお楽しみに!

おすすめコラム

New
2020/08/07

R+houseTV番組特集 Vol.06
建築家のアイデアが光る物件を一挙ご紹介!

こんな要望も叶えてくれた!R+houseで建築家とのお家づくり
~番組内で取り上げている建築家住宅をご紹介します~…続きを読む
New
2020/07/17

編集長、家を建てる Vol.07

いよいよ建築家との打ち合わせ…!
家の模型と設計図ができるまでのリアルな話…続きを読む
New
2020/07/10

建築家の提案が光る
『ワークスペース特集』~書斎編~

アイデアあふれる「書斎」が設けられた物件をご紹介!…続きを読む