建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

中古

家を建てる、または購入するとなった場合、中古を視野に入れているという人も少なくないのではないでしょうか。一般的には新築より予算を抑えられるのが中古物件です。中古物件の良いところは、実際に購入する物件を見学できるということです。ある程度希望が固まっているなら希望条件に合う物件を探すことができます。購入したあとからリノベーションやリフォームでより希望条件に近付けられるのも魅力の一つです。それでも新築から建てるよりは費用を抑えることができます。その場合、リノベーションやリフォームをしたらどんな空間になるかをしっかりイメージしながら物件を探すと良いです。中古物件を購入する際にしっかりと確認しておきたいのが建物の現状とこれまでの履歴です。柱や壁に亀裂がないか、あるとするとその量や長さ、これまで修理がされているかを目で見て確認することが重要です。古い物件でも管理組合がきちんと診断、補強をしていれば問題ない場合が多いです。仲介業者にその履歴は確認できるので聞いてみると良いです。また、専門業者にホームインスペクション(住宅診断)を依頼し専門家の意見を聞き、現状を把握するのも手です。
一生に一度の買い物ですから、後悔しない家選びをしたいものです。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。