建築用語集

新築価格

新築価格とは、建物を新しく建築して販売する時の住宅販売価格のことです。この新築価格はその物件の売主が土地の価格や建築のためにかかったコスト、販売するための広告費などの経費などを総合し、それらに売主の利益や市場の動向、近隣の競合物件の価格はいくらかといったことなどを考慮して決められます。よくマンションギャラリーなどで展示されている新築物件について「まだ価格が決まっていません」「予定価格です」というアナウンスがされることがあるのはこのためです。
基本的には新規分譲物件の場合だと新築価格の値引き交渉に応じてもらうことはできませんが、売れ行き状況によっては販売価格が後に変更されることもあります。またチラシなどの広告に表示される場合には、分譲宅地(土地)以外は消費税を含めた税込み価格で表示されます。マンションなど販売戸数が多い場合には最低価格と最高価格だけが表示されることや、最多価格帯のみが表示されることも多いので注意が必要です。これは本来不動産の販売価格の目安は「土地代」「建設費用」「広告宣伝費」の3つですが、マンションの場合にはそれに加えて階数や方角、位置条件などによって各物件の価格が異なることが多いためです。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。