建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

高断熱

高断熱とは家の外皮に断熱材を使ったり、高断熱窓を使うことによって、夏場や冬場でも快適に過ごしやすい環境を作る技術のことです。近年、地球温暖化の影響によって、夏場は1日の最高気温が35度を超える猛暑日になったり、逆に冬場は氷点下に下がる日数が増えていますが、酷暑の時にはエアコンを使い氷点下に下がったときには暖房器具を使うことで、快適に過ごしています。ただ冷房器具や暖房器具を使うと二酸化炭素の排出量が増えてしまい、結果的に地球温暖化を促進させてしまう悪循環になっているのです。そこでエコの観点から、夏場は外気の暑さを部屋に入れず、そして冬場では家にため込んだ熱を外に逃がさない、高断熱が望まれるようになっています。高断熱には家の周りを断熱材で覆う外断熱タイプと、家の内部に断熱材を使う内断熱タイプの2種類に分かれます。外断熱は家の外を覆うように作るので断熱効果が高いですが費用は高くなります。内断熱(充填断熱)は外断熱に比べて安価に施工が可能ですがその分断熱効果は弱くなります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。