建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

高耐震

住宅における高耐震とは、大きな地震が起きた場合、その地震に対して住宅が破壊や損傷を防ぐための措置が高いことを指します。高耐震の住宅は以前から存在していましたが、1995年の阪神・淡路大震災以降は、高耐震の構造の建物が見直され注目されるようになりました。高耐震住宅の例は、SE構法、高耐震重軽量鉄骨造があります。SE構法は、強度の高い集成材の接合部に、SE構法独自の金物を使用する構法で、断面欠損の少ない強度の強い接合部を生み出すのが特徴です。高耐震重軽量鉄骨造は、住宅の柱に軽量の鉄骨、梁や土台に重量の鉄骨を使用した構造の建築物です。軽量と重量という事なる鉄骨を使用することによって建築物の軽量化が実現しました。また鉄筋コンクリート、鉄筋鉄骨コンクリート造の建造物も高耐震と言われ頑丈ですが、反面、軽量化が実現できていないのが特徴です。一方で、耐震性が弱いと思われがちな木造住宅であっても構造計算がきちんとなされていれば、鉄骨造や鉄筋コンクリート造と同等に高耐震を実現できます。構造の種別ではなく、正確な構造計算・構造設計と現場施工精度が重要です。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。