建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

Q値

Q値とは、別名「熱損係数」とも言い、室内外の温度差が1℃の時、1時間で家の中から逃げる熱の量を床面積1平方メートル当たりで表す値です。逃げる熱の量が少なければQ値は低く、逆に多ければ高い値になります。つまりQ値が低いほど住宅の断熱性能は高いということです。Q値が低い住宅では、値が高い住宅と比較して、暖房を止めた後も長時間暖かさが持続します。よってQ値は住宅内でどれだけ効率よく冷暖房を利用できるかを示す値として、CO₂排出量削減や電気代節約といった、省エネやコストの面で注目されています。日本では「次世代省エネルギー基準」によって平成11年から各地でQ値の基準が設定されており、例えば東京ではおおよそ2.7W/m²K、札幌市周辺では1.6W/m²Kです。
Q値の計算は、まず外壁から床までの各部位から逃げる熱量を算出します。計算式は各部位の熱貫流率(熱の伝わりやすさ、U値)×各部位の面積です。熱貫流率は材料の厚さと熱伝導率から知ることができます。次に、換気によって逃げる熱量を算出します。計算式は換気回数×住宅の容積×0.35W/m³Kです。この2つの熱量を合計し、延床面積で割るとおおよそのQ値が分かります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。