建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

構造

住宅における構造とは、建築物を構成する要素の中で、建物そのものの重さや建物の床に載る荷重などをはじめ、建物の構造躯体や骨組みの各部にかかってくる外からの圧力に抵抗することを主な目的として空間を構成するもののことを言います。外部からの圧力には、積雪によって建物に加わる荷重、風により建物にかかる圧力や地震時に建物に加わる水平力などがあります。以前は、建物の基本的な構造と言えば煉瓦造、石造、木造などのように単一の材料を使用して作られおり、材料名を提示するだけでその構造が判明できるような状態でした。しかし、今は構造の方式がだんだんと多様化してきており、異なる2つ以上の材料を組み合わせて用いられることが増えてきました。現在では、コンクリートブロックを積み上げ、鉄筋やモルタルで補強した壁をもつコンクリートブロック、鉄筋とコンクリートを用いた鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリートの芯部に鉄骨を内蔵した鉄骨鉄筋コンクリート造など様々な構造があります。また、機能や特殊目的による構造分類としては、耐火構造、耐水構造、耐圧構造、耐震構造などもあります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。