建築用語集

戸建て

住宅を購入しようと考えた時、戸建て住宅と言う選択肢も頭のどこかにはあると思います。しかし戸建て住宅と一口に言ってもそのタイプは色々あります。まず戸建て住宅を大きく分けると注文住宅と建売住宅に分けることができます。注文住宅とはまず土地を購入して、間取り等を設計し、家を建てる業者(施工業者といいます)を見つけて建ててもらう形になります。一方建売住宅とは不動産会社が土地を購入して家を建て、その土地と建物が一体で販売される住宅です。注文住宅のメリットは物件に関するすべての事が自分たちで決められる事です。住宅の大きさはもちろん寝室の位置やバス・トイレの場所などなんでも好きに決められます。これは戸建て住宅を購入する醍醐味と言ってよいでしょう。しかし注文住宅にもデメリットはあります。その1つは時間がかかるということです。土地から設計、建設まで下手をすると一年くらいかかることもあります。また、自分の住みたい家を設計図に起こしていくと、想定以上の予算に膨れ上がってしまうこともあり、コストに対する不安が生まれたりコストコントロールが難しいという面があります。かたや建売住宅は既にその物件があるので気に入れば即購入して、即入居できます。これは建売住宅の最大のメリットと言えます。また、一般的に建売住宅は注文住宅に比べると費用が安い場合が多く、駅から近い場所などの立地も良い物件が多い傾向にあります。そして注文住宅とは違って、価格がすでに決まっているのでわかりやすいというのも大きなメリットです。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。