建築用語集

内部結露

内部結露とは、建物躯体の内部で発生する結露のことです。一般的には屋外と屋内の気温差によってガラスに結露が生じますが、この結露のことを表面結露と呼んでいます。それに対して内部結露は、日常生活で見ることのできない部分に生じる結露のことで、主に天井や床下、壁の内部にできる結露を指しており、普段目にすることができないため、結露していること自体に気づかないことがほとんどです。そのため、ガラスにできる表面結露のようにタオルで拭ったりできないため、内部結露した水が部材に徐々に浸透し木材であれば腐り、鉄は錆びていくため、住宅の寿命を縮める要因となります。表面結露を防ぐために利用されているのが断熱材ですが、この断熱材を使用しただけでは内部結露を防ぐことはできません。内部結露は、水蒸気が建築部材を通過して生じるため、壁と断熱材の間に防湿シートを敷いたり、壁と断熱材の間に水蒸気が逃げ出すための通気層を設ける、あるいはその両方を採用しなければなりません。内部結露対策は、構造物や生活環境、住んでいる地域の気候によって対策が違ってきます。また壁と断熱材の間に防湿シートや空気層を設けるため、設計段階で対策を講じる必要があります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。