建築用語集

結露

住宅において結露とは、部屋の中と外に温度差がある場合、窓ガラスに水滴が付く現象のことを指すことが多いです。特に冬は外の気温が低く、室内の温度と湿度が高いため結露が起こりやすい環境です。結露が起こることで、水滴がカーテンなどに染み込みカビなどの原因となります。カビの胞子が空気中を舞うことになるわけですから、喘息やアトピーなどの健康被害も心配され、また壁や柱にカビが発生すればシミや腐食で傷んだりすることも考えられます。
対策として窓ガラスをペアガラスにする、トリプルガラスにするという方法があります。ペアガラスは、2枚のガラスの間に密閉した中間層があり断熱効果が高いガラスです。トリプルガラスは、そのガラスがもう1枚中間層にあり、さらに高い断熱効果が得られます。窓ガラスを断熱性の高いものにすることによって、省エネにもなります。また、近年は様々な結露対策の便利グッズも販売されていて、窓にシートを張るだけの手軽にできる物から、本格的な物まで数多く取り揃えられています。冬になると多くの人が悩む結露ですから、建物のためにも、住む人の健康の為にも対策が必要です。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。