建築用語集

地震力

住宅には地震に対する耐震性が必要です。地震が建物に作用する力を地震力と言い、地震の規模はマグニチュードで表され、特定の地点の地震の強さは震度として表現されます。住宅の地震力は、地震の加速度に建物の重さを乗じたもので、地震の規模が大きく、その地点の震度も大きい場合は、地震の加速度も大きくなります。地震の加速度が大きくなることで、建物に作用する地震力は大きくなり、地震力は建物の重さが重くなるほど大きくなります。地震の規模が同じ場合、重さの軽い木造に作用する地震力よりも、重さの重い鉄筋コンクリート造に作用する地震力のほうが大きくなりますので、重さの重い建物は、軽い建物と比べて丈夫につくる必要があります。地震の力は地盤によっても変化します。一般に、軟弱な地盤では地震の力が増幅され、建物に作用する地震力は大きくなる傾向にあり、硬い地盤では地震の力は増幅されず、地震力は軟弱な地盤よりも小さくなります。住宅は地震力に対して十分な耐震性を持つ必要があります。耐震性の基準は建築基準法に定められていますが、建築基準法の木造に関する耐震基準は最低限の基準なので、大きな地震に対しては十分ではない場合があります。住宅が大きな地震に対して十分な耐震性を持たせるために、住宅性能表示の耐震等級2以上や長期優良住宅の基準を満たすことも検討されてはいかがでしょうか。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。