建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

偏心率

偏心率とは、住宅・建造物において耐力要素がバランス良く配備されているか否かを判定するための数値です。建物の質量の中心となる「重心」が、強度の中心となる「剛心」から離れていることを「偏心」と呼び、その離れ具合を示した割合を偏心率と呼びます。建物の重心と剛心が一致している場合は偏心率が「0」となり、重心が剛心から離れていればいるほど偏心率が高くなります。
偏心率が最も影響されるのは地震の際です。地震の時に発生する力は、建物自体の質量の中心である重心に最も大きく加わり、一方で、建物の構造上最も剛性が強いポイントである剛心には揺れ・振動の負荷がかかります。水平方向に揺れたり、剛心を中心として回転するような動きを加え、建物をねじれさせるのですが、力がかかるポイント・重心と揺れの負荷が最もかかるポイント・剛心の距離が遠いほど(=偏心率が高いほど)建造物への負担は大きくなります。
住宅・建物に高い耐震構造を施したとしても、偏心率が高いと計算上・設計上の強度は発揮しきれず耐震性が低くなってしまいます。そのため、建築基準法では高さ13mを超える鉄筋構造の建築物や高さ9mを超える木造建築物をはじめとした特定建築物に対して、偏心率0.15を上回らないことを義務づけられています。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。