建築用語集

設計料

設計料とは、設計作業に対する対価です。具体的には施主と打ち合わせをして、建物をつくり、それを図面に表すことに対して払われる報酬のことを言います。一方、設計図面どおりに工事が行われているかどうかをチェックする「監理」まで含めた対価は「設計監理料」となります。
国土交通省告示第15号による略算方法では、「直接人件費」+「特別経費」+「技術料」+「諸経費」が設計料となっています。特別経費とは、出張旅費や特許使用料などを言います。
ただし、これらの業務は一部を省略できる場合もあるため、設計料は実質家づくりをどこに依頼するかによって決まると言ってもいいでしょう。
ハウスメーカーの場合、詳細な仕様は決まっているので施工と一体となっていることが多く、建物の総額が先にあり、そこから各細目が割り振られています。
設計事務所の場合、ほとんどが工事金額の一定の割合を設計監理料としています。この割合は設計事務所により、また工法や施工額によっても変わってきます。住宅購入時の仲介手数料のように「○パーセント」と決まっているわけではありませんが、物件価格のおおよそ10%から15%というのが主流です。とはいえ、上下のばらつきが大きいのも事実です。
設計料は、見積もりをしっかり確認することが大切。設計料がどの部分に入っているのか、また設計士が関連する部分を見て相場に合致しているのかどうかをチェックしましょう。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。