建築用語集

縁側

縁側とは、住宅の和室など、畳敷きの部屋の外側にある板敷きの部分のことです。和風建築の特徴的な要素のひとつといえます。特に南向きの部屋を正面の庭に広く開放するために設けられたもので、内と外の緩衝空間となります。部屋の延長、廊下、上がり口などに使われます。雨戸やガラス障子などで隔てられた建物内部にあるものを「内縁」といい、建物外部にあるものを「濡れ縁」といいます。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。