建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

グラスウール

グラスウールとは、溶かしたガラスを遠心力で吹き飛ばして綿状にした繊維に、少量の結合材(フェノール系樹脂)を加えて固めたものです。繊維サイズは直径4~8ミクロン、長さ10ミクロン以上の短繊維で、不燃材料です。ロール状、筒状、板状などに成形して、断熱材、吸音材、保温材、フィルターなどに使われています。住宅用の人工鉱物系断熱材としても利用されています。断熱材の表面はアルミ箔クラフト紙、プラスチックフィルムなどで包まれています。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。