建築用語集

固定資産税

固定資産税とは、毎年1月1日時点で登記簿に土地建物などの固定資産の所有者として登記された人に課税される市区町村税のことです。新築家屋は取得した年には登記簿にないので翌年からになります。中古住宅や土地を買った場合は前所有者(売主)に課税されるが、通常は購入した日を境に案分して負担します。標準税率は1.4%で、市町村によって最高2.1%まで変更可能です。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。