建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

敷居

敷居とは、門の内外や部屋の区画をわける境の部分に敷いた横木のことです。古語の「閾(しきみ)」が由来しています。障子やふすまなどの建具を受ける溝を彫ったり、レールを付けて引き戸を滑らせます。敷居の磨耗防止と建具を滑りやすくするために溝にはめ込む部材を「埋め樫」、溝を彫らないものを「無目(むめ)敷居」といいます。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。