建築用語集

真壁

真壁とは、住宅の壁の作り方の一種で、柱や梁などを室内から見えるように露出させる手法のことです。構造材が、そのまま内装仕上げ材としての役割を果たします。ボード類や塗り壁で柱を覆ってしまい表面から見えなくする手法を「大壁(おおかべ)」といいます。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。