建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

第1種低層住居専用地域・第2種低層住居専用地域

第1種低層住居専用地域とは、都市計画法で決められた用途地域のひとつで、2~3階建て以下の低層住宅のための良好な住環境を保護するための住居系の地域です。住宅以外に建てられるのは、高校以下の学校、図書館、銭湯、診療所、老人ホーム、保育所などです。併用住宅の場合は、住居部分が全体の2分の1以上で、店舗等の広さが50平方メートル以内に限られます。建物の高さを10mまたは12m以下に抑える高さ制限があります。
また第2種低層住居専用地域とは、第1種低層住居専用地域同様、都市計画法で決められた用途地域のひとつです。主に低層住宅のための良好な住環境を保護するための住居系の地域です。建築できる建物の種類や高さ制限は第1種低層住居専用地域とほぼ同じで、違いは小規模な飲食店や店舗などの建築が可能なことです。具体的には2階以下で床面積が150平方メートル以内で、日用品の販売店、食堂、学習塾そのほかの各種サービス業を営む店舗です。パン・豆腐など自家製造販売の場合は、作業場の面積が50平方メートル以内と定められています。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。