建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

断面図

断面図とは、建物全体を垂直に切断した断面を表した図面で、主に建物の高さ寸法を示すために用います。縮尺は通常100分の1か、50分の1、30分の1などです。軒の出と高さ、庇(ひさし)の出と高さ、階高、天井高、地盤面と床高などの寸法、屋根こう配や斜線制限との関係などを書き入れ、主要構造部や基礎の状態を表します。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。