建築用語集

通気層

通気層とは、木造住宅の外壁などで、断熱材の外側に外気が通り抜けられるように設けた空間のことです。通気層を設けた作り方を通気層工法(通気構法)といいます。高気密・高断熱の住宅では、冬季に室内側から外壁に侵入した水蒸気が断熱材の中にたまり、内部結露を起こすおそれがあります。通気層を設けて湿気を排出し、構造躯体を乾燥した状態に保つことが重要です。通気層の厚さは省エネルギー基準では外壁が18mm以上、屋根通気層が30mm以上とされています。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。