建築用語集

道路斜線制限・北側斜線制限・高さ制限

道路斜線制限とは、都市計画区域内での道路面の日照などを確保するため、建築物の高さを、前面道路の反対側境界線を起点とする一定こう配の斜線の範囲内に収めなくてはならない規制のことです。こう配の数値には2種類あり、住居系地域かそれ以外かで異なります。
北側斜線制限とは、建築物の高さを、北側隣地(道路)境界線上の一定の高さを起点とする斜線の範囲内に収めなくてはならない規制のことです。第1種および第2種低層住居専用地域と第1種および第2種中高層住居専用地域では、隣地または道路の日照確保のため、高さが制限されます。ただし、第1種および第2種中高層住居専用地域で日影規制の対象地域は除外になります。一般的に北側斜線制限より道路斜線制限のほうが厳しいため、敷地の真北に道路がある場合は、道路斜線で規制されることが多くなります。
また高さ制限とは、第1種および第2種低層住居専用地域の隣地斜線制限がない代わりに建築物の高さの制限があることを言います。数値は10mまたは12mで、各地域の都市計画によって決められています。高さの限度が10mの地域では、一定以上の敷地面積があり、かつその敷地内に空地を有するなど、低層住宅地の環境を害する恐れがないと認められれば12mまでの緩和もあります。一方、限度12mの地域では日影規制が強化されるなど総合的に運用されています。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。