建築用語集

外張り断熱工法

外張り断熱工法とは、壁や屋根の断熱工法のひとつで、柱などの構造部材の外側に断熱材を張り付ける工法のことです。充填断熱工法に比べて断熱材を連続的に施工し熱橋ができにくいという特長があります。断熱材として、硬質ウレタンフォームやポリスチレンフォームがよく使用されます。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。