建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

遣り方

遣り方とは、正確に建物の位置を決めるために行う作業のことです。地縄張りの後に行われます。建物の外壁線より50~60cm離した所に杭を打ち、貫板と呼ばれる幅10cm程度の木板を、建物をぐるりと囲むように設置し、そこに隣地境界線や道路境界線から正確に測定し建物の外壁線を記します。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。