建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

ZEH(ぜっち)

ZEH(ぜっち)とは、省エネ効果と創エネ効果を組み合わせることで家庭でのエネルギー消費量がおおむねゼロになる住まいのことを言います。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの頭文字をとった略称で、省エネルギー性能では最先端をいく住宅となっています。ZEH(ぜっち)は、ゼロエネルギー住宅とも呼ばれ、断熱、省エネ、創エネをそろえることでZEH(ぜっち)の実現を目指します。具体的には、太陽光発電システムやエネファームなどのエネルギーを創る設備がついている住宅や、断熱性能が高く暖房や給湯の省エネ性の高い住宅で、使う分と同じだけのエネルギーを創り出して補うことのできる住宅を指します。光熱費の削減や省エネ住宅にするための助成金が出るというメリットがある一方で、太陽光発電パネルなどの創エネルギー設備の搭載が必須のため初期費用が割高になるというデメリットがあります。ただ長く住まう住宅にとっては価値のあるものですので、R+houseでもお客様に積極的におすすめしています。R+houseでは初期費用と将来的なランニング費用を計算、住む人にとってコストや満足度がマイナスとならないような設計を行った上で提供します。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。