建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

間取り

間取りとは、建物の内部の部屋の数や配置の仕方のことで、図面で表現する場合と、数字とアルファベットを組み合わせた文字列で表す場合があります。文字の場合、一般的には数字とアルファベットで表記されます。
数字は部屋の数、リビング(居間)は「L」、ダイニング(食事室)は「D」、キッチンは「K」などのアルファベットが使用されています。
ダイニングキッチンは「DK」、キッチンを含むダイニングがリビングとして利用できる広さのものはリビングダイニングキッチンと呼ばれ「LDK」となっています。
収納の間取りはクローゼットが「CL」、広いスペースのウォークインクローゼットは「WCL」、物置や自由に使えるスペースのサービスルームは「S」と表記されます。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。