賢い家づくり勉強会 講師のブログ

高性能な家は地域の活性化にもつながる(長野県 2018.2.18)

みなさん、こんにちは。家づくり勉強会講師を担当している安田と申します。
今回は長野県上田市にて、R+house上田東御店様主催の家づくり勉強会の講師を務めさせていただきました。
上田市は長野県内のほぼ中心(少し東よりですが)に位置しております。
実はこの上田市は日本列島の中でもほぼ中央にあるのです。これは意外と知られていないことではないでしょうか。
そんな日本の真ん中、上田市内にある勤労者福祉センターで勉強会を開催しました。

高性能な家は地域の活性化にもつながる 画像1

今回は高性能な家に住むことが実は地域を活性化させることにつながるという話をさせていただきました。

高性能な家でも普通の家でも生活する上では消費するエネルギーは必ずあります。

消費するエネルギーとは主には電気・ガスです。これらのエネルギーは海外からの輸入に頼っている現実があります。つまり電気代・水道代はエネルギーを輸入するための費用になっているわけです。

 

高性能な家は地域の活性化にもつながる 画像2

実は、高性能な家に住むことは普通の家と比べて消費するエネルギーが3分の1になります。皆さんが高性能な家づくりをすれば、快適な住まいが手に入るとことはもちろんのこと、海外にエネルギー代を支払うことをせずにすみ、しかも高性能な家をつくる地域の工務店や職人さんなどにお金が流れ、地域経済の循環にも繋がるのです。

高性能な家を作って快適な生活を得ながら、地域経済の循環にも貢献できることは地方創生にもつながります。

高性能な家は地域の活性化にもつながる 画像3

地域を活性化させるにはそこで建てる家がどのようなものかによって変わってくるという事をご存知でしたでしょうか?

これからも勉強会を通して全国の皆様にお伝えしてまいります。

講師:安田

この地域のイベント記事をもっと読む