賢い家づくり勉強会 講師のブログ

生活のしやすいデザインのお家とは(奈良県 2019.4.7)

こんにちは。家づくり勉強会の講師を担当している猪野です。
今日は、奈良県でR+house香芝店さんが開催した賢い家づくり勉強会でお話をしてまいりました。

今回、R+house香芝店さんにとって、勉強会の開催は初めてとのことでした。
私自身も住宅総合展示場の中で初めて講師を務めましたが、展示場には午前中から多くの方が訪れていました。

生活のしやすいデザインのお家とは 画像1

香芝総合展示場の中には15社ほどのモデル展示場がありそれぞれ特徴のある住宅ですが、全体を見渡してR+house香芝店さんはオシャレでインパクトがあった様に思います。

 

展示場を訪れていろんな住宅会社さんから説明を聞いてみると、様々な新しい発見があると思います。

そこから何を判断基準にして住宅会社さんを選ぶかは皆さんの自由ですが、その判断基準を絞り込むのは本当に大変です。

この勉強会ではそんな皆さんのために良い住宅や悪い住宅について、そして住宅会社の絞り方の判断基準をお伝えしています。

生活のしやすいデザインのお家とは 画像2

例えば外からの「見た目」ですと、何となくオシャレかオシャレでないかは皆さんの感覚で判断できるかと思います。

しかしながら、外からの「見た目」だけに拘り過ぎると「生活しやすさ」という点にお金を掛けれなくなるかもしれません。

「見た目」も重要ですが、これから30年40年と暮らしていく家のことを考えると「家の中のデザイン」はもっと重要です。

ちなみに、デザインといっても色の使い方とかそういう話ではなく、「生活しやすい」かどうかが焦点になると思います。

生活しやすいかということまで考えて間取りを設計してくれる人を選ぶ基準としては、建築士の資格を持っているかどうか(1級建築士が望ましい)という視点と住む方のライフスタイルを考えて設計しているかどうかに尽きると思います。

また性能と間取りは関係なさそうで関係があります。

属にいう「高気密高断熱な家(高性能な家)」だと吹き抜けや大きな窓を意図的に活用した間取りとなります。

生活のしやすいデザインのお家とは 画像3

今ではインターネットで情報収集は出来ますが、正しい正しくないの判断基準がない状態でいくら情報収集行っても整理は出来ないと思いますので、プロに聞いてみるか、いきなり住宅会社に行くのが気が引ける方は今日の様な勉強会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

この勉強会では、正しい住宅購入をしていただくためのコツをお話ししています。

是非一度勉強会にご参加してみてください。

1人でも多くの方に後悔しない住宅購入をしていただけるよう、次回の勉強会でも大切なことを伝えていきたいと思います。

次回は静岡県静岡市にて勉強会講師を務める予定です。

講師:猪野

この地域のイベント記事をもっと読む