建築家と建てる家を、身近に、手軽に

住宅見学会の
ススメ

家づくりの参考に、住宅見学会に参加してみることはとても大切。
見学会でチェックしておきたいポイントなど、役に立つ情報をご紹介します。

見学会にはどんな種類がある?

住宅見学会には大きく分けて2つの種類があります。

ひとつはモデルハウスの見学会。モデルハウスは住宅会社のこだわりが詰まった自慢の作品です。設備やしつらえなど、その住宅会社のイチオシポイントがあますことなく盛り込まれています。これから建てたい家に必要な機能や設備があるか、じっくり観察しましょう。長期間公開されているので、お好きなタイミングで見学に行けるのも嬉しいポイントです。

もうひとつは完成見学会。実際に家を建てられた方が、期間限定でマイホームを公開してくださる見学会です。設計時のポイントや重視したところ、迷ったり悩んだりしたところなど、貴重な“生の声”を直接聞くことができます。実際にお住まいになっている家なので、生活のための工夫や予算面で考えたポイントなど、“お客さま目線”の実践的な情報が手に入るはずです。

見学会にはどんな種類がある? 1
見学会にはどんな種類がある? 2

自分自身で実際に体験することが大切!

「百聞は一見に如かず」という言葉があるように、実際に建てられた家を自分の目で見ることはとても大切。快適に暮らすためのアイディアや、実際の間取りなど、体験して初めて分かることがたくさんあるからです。

また見学会は家を見ると同時に、「住宅会社」という大切なパートナー選びの場でもあります。一度建てたら、数十年続く付き合いになるからこそ、信頼できる会社を選びたいもの。お客さまのその後の人生まで考えた真摯な家づくりをしてくれる会社なのか、判断材料として以下のポイントも参考にしてみてください。

・営業マンがお客さまにどんな対応をしているか?
・OBのお客さまは遊びに来ているか?
・資金計画をすでに考えている場合は、比較してどうか?

性能にこだわり抜いたR+houseの住宅は、実際に訪れ、体験することでそのデザイン性・機能性の高さが手に取るように分かります。ぜひ一度、お気軽に見学会にご参加ください。きっと「この価格で、こんな性能の家が建つの!?」と驚いていただけるはずです。

自分自身で実際に体験することが大切! 1
自分自身で実際に体験することが大切! 2

関連リンク