建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

空気の循環

空気というのは、温かい空気が上、冷たい空気が下に溜まる性質があります。空気の循環をさせないと、室内でも温度差があり、場所によって居心地が変わってしまったりします。ですので、空気を効率よく混ぜて全体に行きわたらせるための空調をつけて、空気の循環をさせましょう。個人の住宅の場合は、小型で設置しやすいサーキュレーターを使い、扉を開けておけば、一室だけではなく廊下やそのほかの部屋までしっかりと空気を行きわたらせてくれます。寒い日の暖房や暑い日の冷房の効果が、効率よくフロア全体に広がります。サーキュレーターは階段付近に設置すれば、首の向きによって一階から二階、二階から一階への空気の流れを作ることも可能です。このように首の向きを変えることによって好きな方向に空気の循環を促せるところがサーキュレーターの特徴です。空気の循環をさせることで、室内の温度を均一に保つことができ、足元に冷たい空気が溜まりにくいため、冷え性の方にも嬉しいですね。また、急激に一部だけ冷えるという理由で、エアコンをつけたり切ったりといったことをしなくてもよくなります。エアコンを頻繁につけたり切ったりするのは電気代にも負担がかかるので、空気の循環は経済面でも重要です。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。