建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

分譲住宅

分譲住宅とは、土地や建物を区分けして売ることを目的とした住宅です。分譲住宅のなかには、一軒家の建売住宅と分譲マンションがあります。特に、一軒家の建売住宅のことを指して言うのが一般的です。住宅メーカーなどが広い土地を購入し分譲、そこへ同じような間取りや設備の建物を並べ建てます。それにより建物にかかるコストを抑えられることから、消費者へ安い価格の住宅を販売できるというメリットが生まれます。そのほか、分譲住宅は消費者にとっても、いくつかのメリットがあります。まず、すでに建売されている場合、住宅の外装や間取り、設備、日当たりなどを目で見て確認することができます。次に、住宅を買ってすぐに入居したい場合、住宅を作り上げるための相談がなく、土地と建物を同時に購入するため、住宅購入手続きに必要な時間が少なく、引っ越しまでの時間を大幅に削減することができます。そのため、住宅を買ってすぐに住みたい消費者にとって、分譲住宅は魅力的と言えます。しかし一方で、注文住宅のような自由設計はできません。近年では、間取りや設備をカスタマイズできる住宅メーカーなどが出てきましたが、ある程度の仕様や設備に制限されるものであったり、高額な割増料金がかかるものであったりします。もし、分譲住宅の購入を検討するならば、以上のような点を踏まえたうえで検討する必要があるでしょう。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。