建築用語集

高気密

高気密とは気密性が高い状態のことをいい、隙間をなくし、隙間からの空気の出入りを少なくするようにすることを言います。高気密の定義は明確なものがないのですが、床面積当たりの平均隙間面積がcm2/m2以下となっている状態がおおよその目安です。高気密のメリットとしては省エネになる、断熱性能の低下を防止する、壁体内結露を防止する、室内の上下の温度差の解消、安定した湿度管理、ヒートショックの心配が少ない、遮音性が高い、外気汚染物質の侵入防止などがあり家の寿命が伸びることや快適性が良くなることが挙げられます。したがって、高気密の住宅に住む時の注意点は自分自身できちんと定期的に換気を行う必要があることです。自分自身で空気の入れ替えを行い新鮮な空気の確保及び室内通外物質の排除、湿度の管理、調整をすることが重要となります。また、気密性が高い家は息苦しく感じる人もいるようです。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。