建築用語集

ランニングコスト

ランニングコストとは、コンピューターや機材・システムを管理・維持するために必要となる費用のことで、現在ではコンピュータ関連だけでなく幅広い業種で「運用・保持するための費用」という意味で使われています。
住宅の場合、主なランニングコストは「光熱費」「修繕費・メンテナンス費」「ローン費」に分かれます。まず光熱費は生活するための電気代、ガス代、水道代などがこれにあたります。特に夏や冬のエアコン代は家の性能により大きく変わってくるため、近年は家の性能が重要視されています。修繕費・メンテナンス費でいえば、マンションの場合は管理費・修繕積立金がこれにあたります。マンション全体の管理費としてあるため、一定金額である分一戸建てよりかさばりません。一戸建ての場合、修繕費用は屋根や外壁の材質によって耐用年数が異なり、費用も異なります。
そして、ローンの費用も当然ながらランニングコストとして計上されます。一戸建てやマンションを購入する際、建築費や家の価格を気にしたり、月々のローンの費用に無理がないかを考慮したりするのは当然です。ただ、先程のメンテナンスや修繕費の積み立ては一戸建ての場合、何かと頭から抜けがちです。この3つの費用が毎月掛かることを肝に銘じておきましょう。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。