建築用語集

木造住宅

木造住宅とは、主要構造部が木造でつくられた住宅のことです。住宅の構造は木造以外にも、鉄筋コンクリート造や鉄骨造があります。木造は日本の戸建て住宅の中では最も多く建てられている構造方式です。木造住宅はさらに、在来の軸組み工法と、外来の2×4工法に分かれます。軸組み工法は日本の伝統木工法の流れを汲む工法で、柱・梁・桁によって建物の重さを支えます。施工には大工の熟練した技術が必要です。一方、2×4工法は米国で用いられてきた工法です。合板を両側から張ったパネルを工場で生産し、現場で組み立てる工法です。施工に熟練した技術は必要なく、工場での大量生産が可能です。壁式構造の2×4工法は地震に対して高い耐震性を示します。「軸組み工法の耐震性は、建築基準法に定められた筋違いの設置と共に、最近では2×4工法で用いられているパネルを使うことが主流になっています。なので、軸組み工法でも2×4工法と同等の耐震性を実現することが容易になっています。また、壁だけでなく床の剛性を高めることも大切です。」1階と2階の壁の位置を揃えることで高まる直下率の数値も、耐震性に一定の影響を与えることが研究により明らかになっています。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。