建築用語集

耐震性

耐震性とは地震が発生した時の揺れに耐えられる度合いの事です。耐震性が高い住宅ほどより強い地震の揺れにさらされても倒壊したり、破損しにくいです。建物を建てる時には建築基準法に適合していなくては建設できず、建築基準法の中には耐震性についての基準もあるので、法律で定められている一定以上の耐震性を備えた建物しか建設する事ができません。
建物の耐震性をしめす基準として耐震等級というものがあります。耐震等級は1から3まであって耐震等級1は建築基準法で定められている耐震性と同程度の耐震性をもつ建物です。耐震等級2は1の1.25倍、耐震等級3は1の1.5倍の耐震性を備えた建物という事になります。
耐震等級の1以上に該当する建物であれば建設すること自体には問題ないので、無理に耐震等級を2や3に引きあげる義務はありません。しかし地震が発生して強い揺れにさらされた時の安全性を考えれば、耐震等級2や3の建物の建設をしたほうが安心です。また建設時に耐震等級が2や3でも建設後の経年劣化など様々な要因が重なって耐震性が低下する事もあります。そのため築年数が経過した建物は定期的に耐震性を調査して必要があれば補修工事をするべきです。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。