建築用語集

経費

住宅を購入する際には様々な「諸費用」がかかってきます。購入する際にかかる住宅代金(住宅ローン)、仲介料(新築物件の場合)、引越し代、家具代、固定資産税や不動産取得税等の税金、それに加え諸々の手数料など、そのほかにも多くの金額がかかってきます。家を購入する際にはこのように初期に負担する費用が大きいことも視野に入れ、家を購入するのと、賃貸で家を借りる場合、どちらの方が経費負担が少ないのかを考えます。賃貸の方が、固定資産税がかからず大きなローンを組む必要もありません。しかし、月々の支払いを考えた際には家を購入するのと、賃貸で借りるのではあまり変わらないこともあります。賃貸の場合は毎月家賃として代金が引かれていきますが、購入した場合はローンの返済になるのでいつか終わりがきます。長いローンを払い終わった後は自分の持ち家となる為、光熱費等を除けば家賃の心配をする必要がありません。いくらで家を買うのか、何年かけてローンを返済していくのか計画も必要ですが、長い目で見たときにかかる費用としては、賃貸で家を借りるよりも購入した方が安いケースも多くなっています。家を購入する際にはどのような経費がかかってくるのか事前に確認を行い、賃貸とどのように変わるのかシミュレーションを行なうことが大事です。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。