建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

建築基準法

建築基準法とは、建物を建築するときに守らなければいけない、もっとも基本になる法律のことです。国民の生命・健康・財産を守ることを目的に、建築する敷地と道路との関係、用途地域ごとの建築物の種類や規模、建築物の構造や設備の強度・安全性などについて、最低限の基準を定めています。1950年制定されました。一定規模以上の建築物をたてる場合は事前に建築確認を受けることが必要になります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。